遠い汽笛
小 湊 鐵 道 写 真 集
日本の原風景の中に、昔ながらの古い木造の駅舎。そしてツートンカラーの気動車が走る千葉県の小湊鉄道の紹介です。 小湊鐵道は千葉県内房線の五井駅から上総中野までの39.1キロを結んでいます。
沿線にはまだまだ素朴な鉄道情景が残り、昔ながらの古い木造の駅舎。無人駅ではその都度車掌さんが降りて乗客と声を交わしながら切符を受け取る。近代化が進んだ地方ローカル線と違い、ここには忘れかけていた時代の香りが漂っている。そしてその香りを大切に保存し、守り通している小湊鉄道。その中を14両のキハ200型(キハ201〜214)のディゼルカーが走っている素敵な路線です。

春の沿線
夏の沿線
秋の沿線
冬の沿線
駅でのスナッフ
高滝での花火大会 保 線 作 業 2種のヘッドマーク
イルミネーション キハ5800が動いた
ハーレーの行進 クラシックカー ハーレー美女出現 キハ200
DMH17Cの
エンジン音
小湊鉄道
オフィシャルサイト


写真集「小湊鐵道」出版しました


今までに撮影した約3,000枚ある小湊鐵道の写真を整理し、
「小湊鐵道写真集」を自費出版しました。
内容は小湊鐵道の春・鉄道を利用する人・夏・職員と駅舎・秋・保線・冬の7部構成です。
Webで公開していないカットも沢山掲載しましたので、是非ご覧になって下さい。

詳細はこちらをご覧下さい。


遠い汽笛では以下のコンテンツがご覧になれます。
遠い汽笛

inserted by FC2 system