遠い汽笛
遠い汽笛のトップに戻る
鉄 道 写 真 集 鉄道写真の
TOPメニューに戻る


1998年年末の 師 走 の 上 野 駅
私は、始発駅では都会的な東京駅よりも、地方の香りのする上野駅が好きです。どこか故郷の香りがする上野駅。
ドン詰まりのホームはまさに終着駅です。そしてそれは出発点でもあります。北国への、そして故郷へと続くレールの始まりなのです。
人々の喜怒哀楽をそっと知っているような上野駅。故郷の臭いのする雪を屋根一杯に運んでくる上野駅。人生のドラマをそっと見守ってきた上野駅。 また、夜行列車には、遠い町への誘ぎと、希望、期待、ふるさとへの望郷、そして、しばしの別れ、再会。
そんな人生のドラマを感じさせてくれる独特の臭いがあります。そんな上野駅の情景を暫く写真に収めようと思い、1998年12月13日の年末に出掛けました。 各写真にタイトルらしい物を付けてみました。
           

inserted by FC2 system