遠い汽笛
遠い汽笛のトップに戻る
鉄 道 写 真 集 鉄道写真の
TOPメニューに戻る


南 九 州 の 旅 (その6) 嘉例川駅

その1
九州新幹線
その2
人吉駅
その3
吉松駅
その4
大畑駅
その5
真幸駅
その6
嘉例川駅
その7
鹿児島市電
その8
曽木の滝

真幸駅を出て10分で吉松駅に到着した。肥薩線を堪能できた。私はこれから鹿児島まで移動する。吉松駅で11:19分発「はやとの風1号」が止まっていたので自由席に乗り込んだ。
車内はやはり木目調であり、今日は8月7日で、旧七夕の日なのか七夕飾りが車内にあった。


途中、嘉例川駅で5分ほどの停車をする。この嘉例川駅は木造で築100年以上の歴史がある。
その為の当初列車交換のための停車かと思ったが単線区間なのでおかしいと思ったが、この駅の見学のための観光停車であった。外に出ると重厚な駅舎があった。


嘉例川駅停車の「はやとの風1号」



この「はやとの風号」にも客室乗務員が乗務していたので撮影させていただいた。



列車は肥薩線を隼人まで行き、そこからは日豊本線に入り、加治木を過ぎる頃から錦江湾にそって進む。途中で錦江湾の向こうに桜島を見ながら12:45分鹿児島駅に到着した。列車は鹿児島中央駅行きだが私はここ鹿児島駅で降りてみた。鹿児島駅にはコンテナ貨物が沢山あり、それを牽引するED76が待機していたが駅構内は閑散としていた。 鹿児島駅を出ていく「はやとの風号」。


鹿児島駅構内


鹿児島駅構内のED76




その7 鹿児島市電へ

inserted by FC2 system