遠い汽笛
遠い汽笛のトップに戻る
鉄 道 写 真 集 鉄道写真の
TOPメニューに戻る


北海道へJR線完乗の旅(その8) 函館山

その1
追分付近
その2
川端駅
その3
釧路周辺
その4
根室駅
その5
納沙布岬
その6
有珠山
その7
函館市電
その8
函館山

翌11日、目が覚めるといい天気である。函館山もくっきり見えている。 しかし風があるので曇ってしまう可能性もあるので早めに宿を出て、タクシークーポン券を貰い山頂まで行く。山頂に着くと、やはり雲ってきた。しかしなんとか全体を見ることが出来た。


函館駅をアップで撮影。昔と変わらないのは函館本線の駅のカーブだけである。


函館山からロープウエイで下山し、近くの教会を見ながら八幡坂まで歩くが、かなりの雨になってしまった。
八幡坂で市電と摩周丸を入れて撮影。この頃はかなりの雨になって傘を差しての撮影。


この場所は、いつ市電が来るか分からないのでタイミングが難しい。


雨の中をレンガ倉庫群まで歩き、記念にガラスのビールジョッキーを2つ購入。 あとは妻がゆっくり買い物である。
私はレンガ倉庫郡の撮影をしていた。



昔の函館市場を見ながら駅まで戻ってきたが、 函館駅前市場はすっかり変わってしまった。


新しくなった函館駅を最後に撮影して、駅前からバスで函館空港に向かった。



これが私の知っている函館駅。まっ37年前のことだから仕方のないことですが・・・。




約30年ぶりの北海道であった。北海道に行くときは、家族全員と全線完乗の時にと思いながら、なかなか家族との調整が出来ず実現できなかった。その後、息子の独り立ちや、娘の結婚で、家族全員での実現は難しくなったので50代最後の日に実現しようと思い実行した。
生憎台風9号の影響で、天候には余り良くなかったが、それなりに幸運にも恵まれ思い出に残る旅となった。


鉄道写真のTOPメニューに戻る
inserted by FC2 system