遠い汽笛
遠い汽笛のトップに戻る
鉄 道 写 真 集 鉄道写真の
TOPメニューに戻る


五 能 線
五能線は私の好きな路線の一つです。初めて五能線に行ったのは1968年の12月31日。東北にSLの写真を撮影しに行った時でした。
深浦駅前の当時「都々逸」という旅館に泊めていただき、それから何度かその旅館を拠点にしながら、五能線の沿線でSLの写真を撮影したものです。 SLの写真は「蒸気機関車写真集」でご覧下さい。
今ではその旅館の息子さんが、同じく深浦の大岩近くで「弥生寿司」とい名前で寿司店を開業していました。
1996年2月、28年ぶりに友人と息子さんを訪ね、姉さん等と昔話に花を咲かせました。そして1998年の冬も訪ね、写真を撮影しました。(現在は能代にお店はあります。)
お立ち台での「リゾートしらかみ」です。
2月だというのに津軽の冬というより、秋のような穏やかな感じでした。


私の好きな驫木駅


驫木駅


驫木駅 この時の乗降客はゼロでした。


千畳敷駅 向かいの崖からは、巨大なつららが何本も垂れ下がって津軽の厳しさを物語っています。
この年は比較的暖かく普段よりも小さい感じでした。


駅前の千畳敷


深浦に戻る車中にて


驫木駅 この列車から2人が下車しました。


深浦駅



五能線その3へ

inserted by FC2 system