ソ100 操重車
国鉄に在籍した事故救援用操重車(事業用貨車)である。鉄道車両の脱線事故や転覆事故の復旧に活躍した。回転式キャブとクレーンを装備している。また、クレーンのブームを収めるための控車である長物車を伴っている。
1951年(昭和26年)から1956年(昭和31年)にかけて、国鉄浜松工場で14両(ソ100 - 113)が製造された。操重車の中でも小型に分類され、扱い荷重は最大で15tとなっている。これは、貨車は1両で、客車は2両で扱うことを想定したものである。、1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化までに、全車が廃車された。

ソ100ソ100(通常は長物車にクレーン部分はあるが、少しクレーンを上げた状態にした)

inserted by FC2 system