C62形 蒸気機関車
C61と同様、貨物機から旅客用に改造したハドソン形機関車。D52のボイラーを利用し、C59と同じ走り装置を組み合わせたもので、狭軌鉄道では最大最強の旅客用機関車となった。特にボイラー中心が高く、煙突とドームは限界の関係でかなり低くなっている。製造両数は49両、1948年から1949年にかけて、日立、汽車、川崎で改造されている。全長21475mm。

C622
梅小路機関車館に保存されている「スワローエンジェル」 C622


C6216
2号機の僚友 C623。


C6216
糸崎機関区所属の C6216。C62の砂撒き管は内装が基本だが、16号機は外に出ている。


C6217
リニア鉄道館で保存の狭軌鉄道機関車の世界最高速度129キロの記録を出している C6217


C6248
動力逆転機から手動式に改造された C6222


C6248
広島時代の汽車会社製で、先輪の違いとテンダーの照明の位置に変化がある C6248


C6249
C62のラストナンバーC6249

inserted by FC2 system