4110形 蒸気機関車
ドイツ製4100を改良、国産化した勾配用機関車で1913年から1917年にかけて川崎で製造された。1949年まで活躍したこの機関車が国鉄の代表的な勾配用タンク機関車となった。9600と同様、火室幅を広くとって動輪上に火床を置き、重心を下げるために水タンクを下に取り付けている。主な使用区間は、奥羽本線庭坂ー米沢間、肥薩線人吉ー吉松間でE10が出来るまで活躍した。全長10398mm。三菱鉱業美唄鉄道の2号機も同型機である。


4120
原型の4120

 

4110
三菱鉱業美唄鉄道の2号機

 

4129
4129

inserted by FC2 system