ドイツ国鉄BR01形蒸気機関車

BR 01は各王国が保有していた鉄道を統一し、発足したドイツ鉄道公社DRGが開発した初めての急行旅客用機関車。1926年から1938年の間に、AEGとボルジッヒ、およびヘンシェル、ホーエンツォレルン、クルップとベルリン機械製造(BMAG=旧シュヴァルツコップ)により合計231両が製造されたドイツ国営鉄道の代表的な急行用機関車。

 01 128号


inserted by FC2 system