オロハネ 10
勾配が多く、牽引定数の限られる亜幹線用の夜行列車に使用するための2・3等合造寝台車。ナロハネ10の冷房かによってオロハネになった。中央のドアーの左半分が1等寝台で、右側が2等寝台である。昭和33年に新製された。

オロハネ 10
オロハネ10-501

inserted by FC2 system