オハ31
1927年から1929年にかけて512両が製造された、オハ31系の基本となる三等座席車である。木製のナハ23800形を鋼製とした構造であった。新製当初はオハ44400形と呼称したが、増備途中の1928年10月に車両称号規程の改正でオハ32000形に改称された。更に1941年10月の称号改正でオハ31形に改称された。

オハ31
オハ31-4

inserted by FC2 system