E26系カシオペア編成
E26系客車は、JR東日本が1999年(平成11年)に製作した寝台客車である。1988年(昭和63年)に運転を開始した「北斗星」をはじめとする首都圏 - 北海道連絡の寝台特急について、設備を一新した新系列の客車群として投入された。2012年時点では、JRグループが新造した唯一の新系列客車である。
すべての客室を2人用A寝台個室で構成し、高水準の接客設備をもつ寝台列車として開発された。1編成(12両)が製作され、1999年(平成11年)7月16日に上野 - 札幌間の寝台特急「カシオペア」の愛称で営業運転を開始した。

E26
1号車 スロネフE26-1(展望室付個室「カシオペアスイート」)


E26
2号車 スロネE26-1(「カシオペアスイート」「カシオペアデラックス」)


E26
3号車 マシE26-1(「ダイニングカー」)


E26
4号車 スロネE27-101(「カシオペアコンパート」「カシオペアツイン」)


E26
5号車 スロネE27-402(「カシオペアツイン」)


E26
6号車 スロネE27-302(「カシオペアツイン」)


E26
7号車 スロネE27-202(「カシオペアツイン」)


E26
8号車 スロネE27-1(「カシオペアツイン」)


E26
9号車 スロネE27-401(「カシオペアツイン」)


E26
10号車 スロネE27-301(「カシオペアツイン」)


E26
11号車 スロネE27-201(「カシオペアツイン」)


E26
12号車 カハフE26-1(「ラウンジカー」)


E26
カニ24-510を種車とする予備電源車で、2000年に1両が大宮工場で改造された カヤ27

EF510-509とのカシオペア全編成はこちらでご覧になれます。

inserted by FC2 system