「つばさ」
「つばさ」は、東京都と山形県・秋田県を結ぶ列車として、1961年10月から上野駅 - 秋田県間で特急列車として運転を開始したが、1992年7月の山形新幹線の開業により、新幹線の列車名に「つばさ」の名称が使用されるようになった。
400系は2010年4月に営業運転を終わった。その後はE3系2000番台が運行されている。

つばさ
411-2


つばさ
422-2


つばさ
E311-2005



つばさ
E322-2005



つばさ
とれいゆ塗装のE321-701



つばさ
とれいゆ塗装のE322-701



つばさ
新塗装のE311-2004


inserted by FC2 system