EH500 交直流電気機関車
EH500は、試作車が1997年、量産車が2000年にされた三電源方式交直流電気機関車で、愛称はEF210形の「桃太郎」と対をなす形で「エコパワー・金太郎」、もしくは「平成のマンモス(機関車)」と呼ばれる。国鉄時代に製造され東海道本線で使用されたEH10形以来となる2車体連結・主電動機軸8軸使用のH級機である。
首都圏-函館・五稜郭駅間はEF65+ED75重連+ED79重連と3回の機関車交換があるために到達時間にロスが生じていた。これを解消してJR貨物の保有機関車数を削減する目的とともに、東北地方のED75形、津軽海峡線のED79形老朽取替え用として開発された。

EH500-901
試作機のEH500-901


EH500-1
窓枠の塗装やルーパーの変更された量産機EH500-1


EH200-20
窓枠の塗装が変更されたEH500-20


inserted by FC2 system