EF70 交流電気機関車
北陸本線用の交流貨物機として1961年から18両が製造されたが、北陸本線の電化延長によりさらに量産された。22号機以降はそれまでの前照灯1個から2個に変更され、車体側面の若干変更された。イラストの1001号機は碓氷峠鉄道文化村に保存されている。

EF70-1001
EF70-1001


inserted by FC2 system