EF53 直流電気機関車
日本的な独特の形態を持つ、日本の代表的な電気機関車で戦前の旅客用の標準形である。EF52形の速度性能、機器、構造などを改良した物で1932年から日立、芝浦、川崎、東洋で19両製造された。
EF5316と18はお召し機にもなった。EF532号機は碓氷峠鉄道文化村で保存されている。

EF53
EF53-2


inserted by FC2 system