EF50 直流電気機関車
1925年(大正14年)12月の東海道本線東京 - 国府津間電化開業用にイギリスのイングリッシュ・エレクトリック社とノース・ブリティッシュ・ロコモティブ社の合作により1924年(大正13年)に8両が製造された。一貫して東京機関区の配属で東海道本線で旅客列車を牽引した。同じ英国電気製のED50形などと同様、導入から1 - 2年は故障が多く信頼性が低かったことから蒸気機関車を後部に補機として連結して運転(電蒸運転)された。

EF50
EF50-2


inserted by FC2 system