EF13 直流電気機関車
戦時中の資材不足で生まれたいわゆる「戦時設計」で現形は上の用に凸型であった。当初はランプに防空用のフードがあり、デッキ手摺りもなかったが戦後に手摺りが取り付けられた
後に旧EF58の車体を譲り受け下のような形になった。1940年~41年にかけて31両が制作された。

EF1310
EE13-10


EF1312
EE13-12


inserted by FC2 system