ED31 直流電気機関車
ED31は、伊那電気鉄道(現在のJR東海飯田線の一部)が1923年8月に芝浦製作所と石川島造船所で製造したデキ1形(1 - 6)で、1943年、同社の戦時買収により国有鉄道籍となった。買収後も伊那電気鉄道時代の番号のまま使用されたが、1952年の車両形式称号規程改正により、ED31形に改められた。
3 - 5号機は、直接近江鉄道に譲渡され、6号機は、上信電鉄に譲渡され、同社でも国鉄時代の番号のまま使用されたが、箱型車体に改造され全く原形を失ってしまった。

ED31
近江鉄道のED31-4


ED31
上信電鉄のED31-6


inserted by FC2 system