都電 5500形
日本の電車技術の水準向上を目指し、アメリカの最新技術を採り入れて製造した車両である。1954年の営業運転開始当初は「防振防音電車」と公式に呼ばれていたほか、ベースになったアメリカ合衆国の開発団体名から「PCCカー」とも呼ばれた。全長は14.36mある。。


5501


5502

inserted by FC2 system