阿武隈急行 AB900系

阿武隈急行がE721系をベースとして導入した車両である。総合車両製作所で2両編成10本計20両が製作される予定[31]で、形式は槻木方が制御電動車のAB901形、福島方が制御付随車のAB900形である。 なお形式名は阿武隈急行の通称「あぶ急」に由来する。
1988年から使用してきた8100系電車の置換えを目的に導入された。 車体のアクセントカラーは沿線自治体の自然や花をテーマに5種類設定され、AB-1編成は薄藍色、AB-2編成は緑色、AB-3編成は黄色、AB-4編成は桃色、AB-5編成は橙色、AB-6編成は赤色、AB-7編成は緑色となっている。


AB901-1



AB900-1

AB901-2



AB900-3

AB901-4



AB900-5

AB901-6



AB900-7

inserted by FC2 system