M250系
東京と大阪間の所要時間を約6時間に短縮することを目標として開発された貨物専用車両で、JR貨物としては初となる動力分散方式の車両となり、「スーパーレールカーゴ」 (SUPER RAIL CARGO) という愛称が設定されている

M250
M250-1




inserted by FC2 system