E991系
在来線の理想的な鉄道システムの実現を目標として1994年に製作された。愛称は「TRY-Z」である。
編成は3両編成の交直流電車で要素技術の開発や、最新の技術動向などを取り入れて、先進的な開発を目的として開発され約3年間の試験を行った。各車両ともに車体の材質や構造、車体支持方法が異なっている。クモヤE991-1の運転台は片側のみとなっている。

クモヤE991-1
クモヤE991-1



クモヤE990-1

inserted by FC2 system