883系
特急「にちりん」(速達型の「ソニックにちりん」)用として1995年(平成7年)4月20日から正式営業運転を開始した。「ワンダーランドエクスプレス」の愛称がある。最高速度を130km/h(7両編成の速度種別はA48)とし、カーブの多い線形にあわせて振り子式車両としたことで博多駅 - 大分駅間の所要時間を20分ほど短縮した。


登場時色のクロハ882-1



リニューアル色のクロハ882-3


inserted by FC2 system