521系
2006年10月21日の北陸本線長浜駅 - 敦賀駅間、湖西線永原駅 - 近江塩津駅間の直流化とその先の交流区間を走る列車の老朽取り換えを目的に投入された。乗り入れ先となるアーバンネットワークで使用されている223系2000番台と同一のサービスを提供できることを前提として設計され、通常クハ520とクモハ521の2両で運転される。
交流区間でも使用できるよう、制御電動車は直流電車相当の機器のみを搭載し、制御付随車に集電装置・変圧器・整流器といった交直流対応装備が搭載されるといユニット構成となっているためパンタのある車両がクハとなっている。


クモハ521-9


クハ520-9


あいの風とやま鉄道に譲渡され、車体の日本海側を富山県の豊かな自然を表現した緑色のクモハ521-23


あいの風とやま鉄道に譲渡され、車体の山側が富山湾の神秘さを表現した水色のクハ520-23


IRいしかわ鉄道に譲渡され、転落防止幌へ加賀友禅を彩る5色のうち草色のクハ520-10


IRいしかわ鉄道に譲渡され、転落防止幌へ加賀友禅を彩る5色のうち古代紫色のクハ520-14


IRいしかわ鉄道に譲渡され、転落防止幌へ加賀友禅を彩る5色のうち藍色のクハ520-30


IRいしかわ鉄道に譲渡され、転落防止幌へ加賀友禅を彩る5色のうち黄土色のクハ520-55


IRいしかわ鉄道に譲渡され、転落防止幌へ加賀友禅を彩る5色のうちえんじ色のクハ520-56



inserted by FC2 system