481系、485系
特急電車の運転が地方線区に拡大された結果、電源方式の異なる区間を直通運転することのできる特急形電車が要求されていた。その要求に応えるために製造されたのが481系である。1964年(昭和39年)に直流/交流60Hz対応の481系電車、翌1965年(昭和40年)に直流/交流50Hz対応の483系電車が製造された。1968年(昭和43年)からは、直流/交流50Hz/60Hz対応の3電源に対応した485系電車が製造され、485系が本系列の統一形式名となった。当初はボンネットタイプ型となっていたが、後期形車両は183系に似た形状に変化し客席も増えている。
クロ481-51は東北本線全線電化の昭和43年10月に誕生した車輛で、車輛の両数が限られ、尚かつ食堂車も組み入れなければならない為に先頭車をグリーン車にしたもので、1~5号は新製されたグループで、51~57号は郡山工場で一般グリーン車から改造されたものである。クロ480もグリーン車からの改造である。
485系に組成される先頭車は、形式は殆どが481系である。


クハ481-3



勝田色のクハ481-23



ひたち色のクハ481-36



クロ481-51(佐世保時代はヒゲがない)



クハ181から改造のクハ481-501



レッドエクスプレス色のクハ481-35




クハ481-327



クハ480-4



サロ489から改造されクーラーもそのままのクロ480-1



サロ489から改造されたクロ480-6



特急「有明」用で電動発電機と空気圧縮機を運転席下につけたクモハ485-6



レッドエクスプレス色クモハ485-9



レッドエクスプレス色クモハ481-203



きりしま色のクハ481-225



きりしま色のクモハ485-105



ビバあいづ色のクハ481-345



かもしか色のクハ481-1007



磐越西線向け塗装で「あかべぇ」イラストのクハ481-1016



勝田色のクハ481-1029



「彩」(いろどり色)のクハ481-1503



勝田色のクハ481-1505



かがやき色のクロ481-2301



しらさぎ塗装のクロ481-2351



モハ485から改造のクモハ485-201



モハ485から改造のクモハ485-204



モハ485から改造のクモハ485-207



しらさぎ塗装のクロ481-2002



しらさぎ塗装のクロ481-2003



旧国鉄色に塗色変更のクロ481-2101



旧国鉄色に塗色変更のクロ481-2005



青森色のクハ481-3015



上沼垂色のクロハ481-3015



リゾートエクスプレス「ゆう」のクモロ485-2



ジョイフルトレイン[NO DO KA]色のクモハ485-701



ジョイフルトレイン[NO DO KA]色のクハ484-701



ジョイフルトレイン「ニューなのはな」色のクロ485-3



ジョイフルトレイン「宴」色のクロ484-3



ジョイフルトレイン「華」色のクロ484-4



ジョイフルトレイン「やまなみ」色のクロ485-4



ジョイフルトレイン「せせらぎ」色のクロ485-5



ジョイフルトレイン「やまどり」色のクハ485-703



ジョイフルトレイン「ジパング」色のクハ485-704


inserted by FC2 system