457系
1969年に今まで直流・50Hz用と60Hz用に分かれていた交直流両用急行形電車を統合し、三つの電化区間を走る事が出来る急行形電車の集大成が457系である。なお457系の付随車は455系と共用されている。


クモハ457-2



仙台色のクモハ457-12



九州塗装のクモハ457-15



北陸塗装のクモハ457-18


inserted by FC2 system