421系
鹿児島線の交流電化が計画され、国鉄は1960年に交流電化区間の普通列車向けに、直流と交流区間(60Hz)を走行できる421系近郊形電車を開発した。それまでは交直流急行用車両は401系であるが、421系は近郊用電車の基本構造を築いた形式となった。421系の出力アップ形式が423系である。


クハ421-13



通風器が押込式のクハ421-103



AU75冷房改造車のクハ421-83



後部座席を廃しし、そこにAU2X形冷房装置を設置しキノコ形状の排風装置クハ421-34



同じく423系に接続の排風装置位置のクハ421-67


inserted by FC2 system