E231系
老朽化が進んだ首都圏の通勤車両(103系、201系、205系並びに301系)および近郊形車両(113系並びに115系)の置き換え用として開発され、0番台は2000年(平成12年)3月より中央・総武緩行線(習志野電車区)に、次いで1000番台が同年6月より東北本線(宇都宮線)(小山電車区)に、500番台が2002年(平成14年)1月より山手線(山手電車区)に、そして800番台が2003年(平成15年)5月より地下鉄東西線直通用に、それぞれ順次投入された。


クハE231-40(総武線カラー)



クハE231-47(常磐線カラー)



クハE231-515(山手線カラー)



クハE231-803(東西線カラー)



クハE231-6041(宇都宮線カラー)


inserted by FC2 system