205系
1985年(昭和60年)に登場した直流通勤形電車。車体は従来の鋼製からステンレス製となり、大幅な軽量化が実現した。
それまでの車体全面塗装から窓の上下に各路線ごとのラインカラーを糊付きフィルムの帯で表す方法を採ったことで、非常にすっきりとした印象である。



クハ205-34(山の手線)



クハ205-7(武蔵野線)



クハ204-46(武蔵野線)



クハ204-1(京葉線)



クハ204-108(京葉線)



クモハ204-1106(鶴見線)



クハ204-3109(仙石線)


クハ205
クハ205-22(南部線)


クハ205
クハ205-80(横浜線)


クハ205
クハ205-121(埼京線)



クハ204-1002(阪和線)



クハ205-504(相模線カラーで前面形状も異なっている)


inserted by FC2 system