169系
碓氷峠は、粘着運転で走行可能なEF63の登場と複線化で輸送力が増加したが、編成車両は8両に制限されていた。さらに輸送力を増やすために編成を長くする必要があり、EF63と協調運転できるように165系の900番台が試作された。その量産形が169である。クモハ169型は上野寄りにあり、EF63と協調運転に必要な機材がある。急行「信州」は特急「あさま」に格上げされたために、169の運用はなくなり、急行「かもしか」用に塗装を変えて運用をした。


クハ169-1



しなの鉄道塗装のクモハ169-23



急行「かもしか」用に塗装のクモハ169-23



三鷹色のクモハ169-27


inserted by FC2 system