121系
国鉄民営化直前の1987年(昭和62年)3月23日のダイヤ改正により、予讃本線高松 - 坂出間、多度津 - 観音寺間および土讃本線多度津 - 琴平間が四国で初めて電化されるのに備えて、2両編成19本の38両が製造され、2両固定編成である。

クモハ119-20
クモハ121-18



クモハ119-5104
クハ120-16


inserted by FC2 system