111系
1980年代末頃まで、日光線や両毛線といった支線区の普通列車には、165系急行形電車が多く使われていた。しかし老朽化が進んでいたうえに、デッキ付き片側2扉という車体構造が大きなネックであった。そこで誕生したのが107系である。 クモハ107形 (Mc) と クハ106形 (Tc') の2両編成を基本とすることで、2両、4両、6両と需要に応じて輸送力を調整することができる。また、製造コストの削減を図るため、165系の廃車から発生した主電動機、台車、補助電源装置、ブレーキ制御装置、空気圧縮機、冷房装置など主要機器を再用した。0番台は霜とりパンタが付いていたが、100番台はない。

クハ111-214
クハ111-214


クハ111-314
クハ111-314


クハ111-509
クハ111-509


クハ111-509
春日色のクハ111-421


クハ111-1302
クハ111-1302


クハ111-1378
クハ111-1378


クハ111-2065
クハ111-2065


サロ111-1015
サロ111-1015


クハ111-5500
阪和線色のクハ111-5500


クハ111-5500
小浜線色のクハ111-7756


クハ111-5500
四国色で冷房化のクハ111-6


inserted by FC2 system