105系
105系は、旧形国電と同様にMT比1対1の2両編成を組むことができるように、電動車1両で走行可能な構造を持つ車両が提唱された。これが「1M方式」である。そして、この方式を持つ電車として開発されたのが105系である。105系として新規製造された3扉車。103系から改造編入された4扉車の大別して2つのグループが存在するため、様々な車体が存在する。


103系から改造編入のクハ105-1(宇部・小野田線カラー)


103系から改造編入のクモハ105-527(宇部・小野田線カラー)


103系から改造編入のクモハ105-513(桜井線・和歌山線カラー)




103系から改造編入のクハ104-503(桜井線・和歌山線カラー)



103系から改造編入のクモハ105-516(桜井線・和歌山線カラー)




新規製造のクハ104-23(宇部・小野田線カラー)




新規製造のクハ104-18(宇部・小野田線カラー)




更新工事後のクハ104-18(宇部・小野田線カラー)



新規製造のクモハ105-20(可部線カラー)



新規製造のクモハ105-21(宇部・小野田線カラー)




新規製造のクハ104-29(福塩線カラー)

inserted by FC2 system