DF200 ディーゼル機関車
DD51形の重連運転の解消と老朽車両の置換えを目的として1992年に電気式機関車として開発されたのがDF200形である。公募により「ECO-POWER RED BEAR」(エコパワーレッドベア)という愛称がつけられ、車体側面にロゴが描かれている。
7000番は『ななつ星in九州』の牽引機である。

DF200
初期のDF200-2



DF200
DF200-119




『ななつ星in九州』の牽引機のDF00-7000

inserted by FC2 system