キロ60 気動車
1960年、キハ60形と同時に1両のみ新潟鐵工所で製造された。国鉄の気動車用としては初めての空気バネ台車となった。キハ60形とともに久留里線で運用され、試験終了後の1962年(昭和37年)にDMH17H形1基搭載・1軸駆動に改造された。さらに1968年(昭和43年)には二等車に格下げされてキハ60 101に改番された。

キハ60
キロ60-1


inserted by FC2 system