キハ80系 気動車
1960年登場した気動車初の特急型車輛で、キハ81は「ブルドック」の愛称があり、東北本線の特急「はつかり」でデビューした。
また1961年のダイヤ大幅改正により、一部の客車特急の気動車化や、幹線の大幅な特急新設が行われ、81系の改良型と言える82系が登場した。

キハ81
キハ81-2


キハ82
キハ82-15


キハ82
キハ82-57


キハ82
キロ80から改造されたキハ82-901


キシ80
キハ80-5


キシ80
キロ80-7


キシ80
トイレ用の水タンクが増設されたキロ80-57


キシ80
キシ80-13


キサシ80
特急気動車で唯一の付随車で「サ」の記号が付けられたキサシ80-8


inserted by FC2 system