キハ65 気動車
昭和43年以降は急行車両の普通車にも冷房装置を取り付けることになったが、キハ58形の2基エンジン搭載の急行へは馬力を落とさずに電源用のエンジンを装備した車輛が必要になり、これに対応する為に製造された。

キハ657
キハ65−7


キハ6537
キハ65−37


キハ6577
九州色のキハ65-77


キハ6577
四国色のキハ65-77


キハ6577
九州色のキハ65-16


キハ65601
エーデル丹後色のキハ65-601


キハ65−771
エーデル鳥取色のキハ65-771


キハ65−771
エーデル鳥取色のキハ65-1711


キハ65−771
エーデル北近畿色のキハ65-1801


キハ65−771
エーデル北近畿色のキハ65-812


キハ65−771
シュプール&リゾート第1編成色のキハ65-1611


キハ65−771
シュプール&リゾート第2編成色のキハ65-612


inserted by FC2 system