キハ38 気動車
1986年(昭和61年)から1987年にかけてキハ35形の改造により7両が各地の国鉄工場(大宮工場、郡山工場、長野工場、幡生車両所、鷹取工場)で製造され、台車や変速機などの主要機器にキハ35形からの発生部品を流用し、合わせてバス用の部品を多用することで軽量化と製造コスト抑制を図っている。

キハ38
久留里線色のキハ38-1


キハ38
八高線色のキハ38-1003


inserted by FC2 system