キハ35 気動車
通勤型気動車で最初に登場した片運転台式の便所付きである。後に製造されたキハ30.36等と編成を組んで運転されることが多かった。

キハ35
グローブ型ベンチレータのキハ35-41


キハ35
首都圏塗装のキハ35-62


キハ35
押し込み形ベンチレータのキハ35-508


キハ35
900番台のステンレスカーで海岸地帯を走る房総方面で使用されたキハ35-914

inserted by FC2 system