キハ24 気動車
酷寒地向け1機関搭載の両運転台車で、1967年(昭和42年)に10両のみ製造された。新製当初は5~8が会津若松に配置されたが、全て2年以内に北海道に移動した。函館・旭川・釧路に配置され、函館では「松前」「せたな」「えさし」などの急行列車にもキハ22形と共に使用された。最後は函館に集約配置されたが1995年(平成7年)に全廃となった。

キハ24
キハ24-9


キハ24
キハ24-17


inserted by FC2 system