キハ185 気動車
軽量ステンレスを採用した初めての特急用気動車で、昭和61年11月改正から、四国に登場した。短編成化、分割・併合を考慮して貫通形である。

キハ185
キハ185-17


キハ185
キハ185-12


キハ185
キハ185-1018


キハ185
キハ185-3013


キハ1851008
九州色のキハ185-1008


キハ185−1011
九州色のキハ185-1011


キハ185
九州横断特急色のキハ185-2


inserted by FC2 system