キハ183 気動車
北海道のキハ80系の置き換えように登場したのがキハ183系です。当初は貫通式であったが901~904は非貫通式で、角張ったデザインが特長である。900番台は試作車で、1979年に12両が製作された。
501~507は短編成化に対応し、途中駅で分割・併合を考慮した貫通式に変わり、曲面ガラスになり、塗装も一新された。

キハ183
キハ183-2


キハ183
新塗装のキハ183-214


キハ183101
特急列車の短編成化に伴い、キハ184形式を先頭車化改造したキハ183-101


キハ183
キハ183-103


キハ183
国鉄特急塗装に準じた塗り分けとなったキハ183-103


キハ183
キハ183-104


キハ183501
増備車のキハ183-501


キハ1831505
キハ183形の一部を 130・120 km/h 両用仕様とするために改造したキハ183-1505


キハ1833563
キハ183-3563


キハ183−5001
「ニセコエクスプレス」のキハ183-5001


キハ183−5001
「ファイターズ号」塗装されたキハ183-5001


キハ183−1001
クリスタルエクスプレストマム・サホロのキハ183-5102


キkハ183−5201
「ノースレインボーエクスプレス」のキハ183-5201


キハ1835202
「ノースレインボーエクスプレス」のキハ183-5202


キハ183−6001
お座敷車用でキハ183-507から改造されたキハ183-6001


キハ183−6101
お座敷車用でキハ183-1557から改造されたキハ183-6101


キハ183−1001
「オランダ村特急」「シーボルト」色のキハ183-1001


キハ183−1001
ゆふデラックス色のキハ183-1001


キハ183−1001
あそぼーい色のキハ183-1001



キハ183−1002
ゆふデラックス色(旧塗装色)のキハ183-1002


inserted by FC2 system