キハ110 気動車
老朽化したキハ20系・キハ45系などの取り替えとローカル線における輸送サービスの改善を目的に製造され、1990年(平成2年)3月10日に北上線でキハ100形、釜石線と山田線、気仙沼線などでキハ110形、キハ111形、キハ112形がそれぞれ営業運転を開始した。



キハ110
キハ110-2


キハ110
キハ110-133


キハ110
側面に「Mogamigawa Line」のデザインされたキハ110-240


キハ110
秋田新幹線工事に伴い、同線を走る特急「たざわ」の代替手段として「秋田リレー号」に使用された。キハ110-302


キハ111
側面に秋田「竿灯」のデザインされたキハ111-302


キハ111
側面に「Mogamigawa Line」のデザインされたキハ111-221


キハ112
キハ112-206

inserted by FC2 system