由利高原鉄道 YR-3000形気動形
YR-3000形は、由利高原鉄道鳥海山ろく線で2012年4月1日から運用を開始した気動車である。車内はセミクロスシートでテーブルが据え付けられている。連結装置は密着自動連結器を使用している。
老朽化しているYR-1500形の置き換え用として2012年4月1日より営業運転を開始した。YR-3001は緑を基調とし、シートモケットの模様は由利本荘市の御殿まりをイメージしたものとなっている。またYR-3002は秋田県旗をイメージした赤を、YR-3003は沿線を流れる子吉川をイメージした青を基調としたカラーリングとなっている。

キユニ19
YR3001


キユニ19
YR3002


キユニ19
YR3003


inserted by FC2 system