キハE120 気動車
2008年11月に営業運転を開始し、当初は羽越本線、磐越西線・信越本線、米坂線の普通列車に充当された。その後、2009年3月にキハ110系と共に米坂線でのキハ40・47・48形・キハ52形・キハ58系の運用を置き換えられた。車体カラーリングはブナをイメージしている。E120-1は只見線カラー。

E120-4
E120-4


E120-4
只見線カラーに変更されたE120-1

inserted by FC2 system